そもそもカロリーって何?っていう小難しい話

ダイエットで重要なカロリーって何?

ダイエットする上で知っておいた方が良いこと

この記事はちょっと小難しいダイエットの理屈の話なので、ただやせたいだけの人はあまり読む必要がないかもしれません。カロリーの意味が分からなくてもカロリー制限系のダイエットをすることはできます

ただし、カロリー制限ではなく、糖質制限にチャレンジしてみようとされている方はどちらが良いのか比較するためにも最低限の知識は持っておいた方が良いです。ちなみに僕はあまり糖質制限ダイエットはオススメしていません。

さて、カロリーの話を始めましょう。

食品の栄養成分表示を見ると、エネルギー155kcal、たんぱく質10.4g、脂質6.4g、糖質8.2g……のように表示があります。これだけ見ると、エネルギーというモノが155キロカロリーも入ってるんだなという感じがしますが、全然違いますw

たんぱく質、脂質、糖質についてはそのままなんです。たんぱく質というモノが10.4g入っているわけだし、脂質というモノが6.4g入っているというので合っています。

エネルギーだけは特殊な位置づけなんですね。

人間の体ってのはかなり複雑に出来ています。その細部に至るまで、完璧に計算することは不可能です。

瞬き一回するのにどれだけのエネルギーが必要で、そのエネルギーをどの細胞から取っていて、その細胞へのエネルギーを補給するために、さっき食べた食べものの中からどれだけのエネルギーを作り出し、ぜい肉からどれだけのエネルギーを作り出し、筋肉からどれだけのエネルギーを作り出し……

はい、絶対に把握できませんw

そこで便利なのがカロリーと言う考え方です。

まず、食品側では……

食品中にはたんぱく質やら脂肪、糖質、アミノ酸……なんだか色んなものが入っています。で、結局食べると、どれだけのエネルギーが作れるの?ってのをカロリーで表せるワケです。

で、次に人間側では……

人間側では体を維持するために当然エネルギーが消費されるワケですが、食べたもののエネルギーだけでこれをまかなうワケではありません。体に溜まっている脂肪やたんぱく質を分解してもエネルギーを作り出すことができます。

食べ物や体の中から結局どれだけのエネルギーを消費したの?ってのをカロリーで表せるワケです。

カロリーでコレが分かる!
  • 食べる時:食べ物の中から取り出したエネルギーの量
  • 消費する時:食べ物や体から使ったエネルギーの量

で、ダイエットの大前提でも書きましたが、食べたカロリーより使ったカロリーが多ければ、どんどんやせていくワケですね。

そんなワケでカロリー制限を行うのが一番分かりやすくやせられる方法なワケです。

ダイエットするだけなら知らなくてよいこと

さて、もう少し突っ込んだ説明を試みてみます。ここからはあまり役に立たない話です。海外在住の方で、その国の食品のエネルギー表記がJ(ジュール)のみだという方の役に立つかもしれませんが。

カロリーはエネルギー量を表すものだと上で書きました。もともとは水1gの温度を1度上げるのに必要なエネルギー量を1calとしたのが始まりでした。が、これって条件によっていろいろ変化してしまうんですよね……。

で、エネルギーってようするに力のことで、いろんな形を取ります。電力、火力、水力、風力、原子力。物理学的に考えると、これらはすべて変換可能なワケで……そうすると、このカロリーってやつはどうにも使い勝手が悪い。

それで、国際的にはカロリーは使わずにJ(ジュール)を使う方向になっているワケです。

そんなワケで海外の食品を買うと、食品中のエネルギーはJ(ジュール)表記である場合があります。その場合、1cal=4.184Jです。これを知っておくと、海外でもカロリー制限ダイエットができますね(^^b

カロリーとジュール
  • カロリーをジュールに直す:4.184をかける
  • ジュールをカロリーに直す:4.184で割る
[kenren postid=”291″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です