プロテインダイエットってプロテインを飲めばやせるって意味じゃないからね

プロテインダイエット

プロテインダイエットの意味

多分、分かっている方も多いとは思うんですが、プロテインを飲んだからってやせません。他の筋トレ系サプリメントも同様です。

プロテインダイエットって言葉は有名ですが、コレってDHCの商品ですねw

この商品自体もそもそも置き換えダイエット用です。

ダイエットでプロテイン を使用するという方は基本的には置き換えダイエットの方法を取り、日頃食べているものの一部をプロテインで置き換える形で使用します。

失敗しやすい置き換えダイエットを成功させる方法

失敗の多い置き換えダイエットを成功させるには?

2019年10月10日

低カロリーでたんぱく質がしっかり取れるので、一日の摂取カロリーと摂取たんぱく質を同時に調整できます。このブログで紹介しているダイエット法やマクロ管理法などを実践するには非常に重宝します。

プロテインダイエットの危険

が、その反面、しっかりとした計算と運動なしにプロテインに頼りすぎるのは非常に危険だったりします。

まずは、取り過ぎると腎臓に負担がかかるということを挙げておきます。一般的に体重(kg)の4倍を超えるたんぱく質(g)を取ると、たんぱく質が未消化となると言われています。また、プロテインに頼りすぎ、他の食材の量が減り、食事のバランスがくずれるのも問題です。

実質的にはたんぱく質の摂取量は体重(kg)の2倍程度に調整しつつ、他の食材も積極的に食べるようにしましょう。

それから運動も……と、書き出すと結構面倒くさいですね(^^;

ちょっと有名になったダイエット法にあまり深く考えずに手を出すよりも、面倒くさくてもしっかりとしたダイエット法にしっかり取り組むのが結果的には安全かつ確実にダイエットができる……と個人的には思っています。

それでも面倒くさいって方は?

それでもあんまり頭を使いたくないって方がプロテインを使った置き換えダイエットをする場合には、他の栄養素も含んだものを選ぶことをオススメします。

ガチでマッチョを目指している方は特にコスパを気にしがちです。いかに安くたんぱく質を買えるか!……みたいなところがあります。

しかし、誰か詳しい人に管理してもらうわけでもなく、しっかりと計算することもなく、とにかく気軽にプロテインで置き換えダイエットをするぞ!となると、重要なのはコスパよりも健康です。

少し割高でも他の栄養素も含んだプロテインを選びましょう

オススメのプロテインはウィダーの3種混合プロテイン(ホエイ・カゼイン・ソイ)

ダイエット向きのプロテインは?

2019年10月24日

プロテインにこだわる必要はない

気軽に置き換えダイエットと思っているのであれば、プロテインにこだわる必要はないと思います。

もともと栄養バランスの取れた置き換えダイエット専用商品もありますので、これらの利用も検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です