運動だけでダイエットするのは無謀

運動だけではダイエットできない。食事制限が重要。

ダイエット中の運動の効果

運動には様々な良い効果があります。

ダイエットについて言うなら、カロリーの消費や筋肉の分解抑制効果が主なものでしょうか。

健康面、美容面全般について言えば、美肌効果、体臭の低減、ストレスの低減、免疫力アップ、便秘対策、他にもメンタル面を安定させたりと、良いことが沢山あります。

間違いなく運動はした方が良いです。

しかし、それだけでダイエットしようとすると、かなり非効率です。人によってはまったく不可能な場合もあります。

運動だけでダイエットしようとすると

ダイエットの大前提に書きましたが、やせるためには日々の摂取カロリーよりも消費カロリーが多くならなければなりません。このため、運動だけでやせるためには、運動で消費カロリーを増やすことによって、日々の消費カロリーをこえる必要があります。

ダイエットで一番大事な大前提

ダイエットの大前提

2019年9月30日

例えばですが、日々の摂取カロリーが1,600kcal、消費カロリーが1,500kcalの人がいたとします。この人が運動だけでやせるためには最低100kcalを余計に消費する必要があります。効率よくやせるために、消費カロリーの8割程度の摂取カロリーを目指すとすると、さらに400kcal程度消費することになります。

合計で500kcalです。消費カロリーだけに注目すると、筋トレよりもジョギングが効率が良いので、ジョギングで500kcalを消費することを考えます。

ジョギングと筋トレ、どっちが良い?

ジョギングと筋トレ。ダイエットのためにするのはどっち?

2019年10月17日

ジョギング1時間の消費カロリーは480kcalと言われています。

毎日1時間以上のジョギングを続ければ十分にダイエットはできると言えます。あくまで一例です。摂取カロリーがもっと多い人はもっと長く走る必要があります。大体のイメージですが、摂取カロリーが100kcal増えると、ジョギングの時間は30分程度伸びていくイメージでしょうか。

ここで挙げた例は、普段の摂取カロリーがある程度低い人に関するものです。もし一日の摂取カロリーが2,000kcal以上ある人だと、一日に3時間以上走り続けなければならなくなります

一時間のジョギングでも、毎日続けるとなると、かなり大変です。個人的な意見ですが、運動によるカロリー消費には頼らずにダイエットはするべきだと思っています。

食事制限による筋力の低下を防ぐために運動はすべきだとは思いますが。

  • 運動によるカロリー消費には期待しない!
  • 食事制限による筋力の低下を防ぐために運動はすべき!

ダイエットするなら、運動は食事制限と組み合わせてしましょう。

完璧!段階的なダイエット法(Dietopic式)

Dietopic式、段階的ダイエット法

2019年10月4日
マクロ管理法で三大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物)のバランスを!

マクロ管理法は物凄く優秀なダイエット法

2019年10月3日
カロリー制限ダイエット

カロリー制限ダイエット、分かりやすさ・確実さでナンバーワン!しかし欠点も……

2019年10月1日

運動の効果を高めるには?

上で書きましたが、運動は食事制限による筋力低下を防ぐためにもするべきです。筋肉が減ると、代謝が落ちます。その結果、せっかくやせても、リバウンドしやすい体になってしまいます。

これを防ぐために、運動による筋肉の分解抑制効果、たんぱく質の摂取、筋肉の分解抑制系のサプリメントが有効です。HMBが有名ですね。それぞれが相乗効果を生み出すものなので、運動の効果を高めるためにも賢く利用するようにしましょう。

ダイエット向きのHMBカルシウムは?

ダイエットにオススメのHMBサプリメントは?

2019年10月26日
hmbって何?効果は?

HMBって何?ダイエットにも効くの?

2019年10月26日
オススメのプロテインはウィダーの3種混合プロテイン(ホエイ・カゼイン・ソイ)

ダイエット向きのプロテインは?

2019年10月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です